スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |   TOP↑
世界を描くための覚書 その3
風神録のキャラクタが僕の中でしっくりき始めたのが実は結構最近で
今年に入ってやっとそういう雰囲気になったなあ・・というのがあるんですけども、
同じ人も違う人もいるかもですが、自分が東方にはまった時
「既にいたキャラ」と「新しく入ってきたキャラ」ってかなり違うですよね。
僕の中でも一時期までかなすわさなえはやはり余所の人だったなあと思うし
win版前期3作のキャラと作品上であまり絡んでいないっていうのも
また大きいなあと言うふうに思うわけなんですけども


東方wikiにおける人気投票と時を同じくして行われた投票者アンケートでは
「東方を知った時期」なる項目で【2007/8~2008/08(風~地の間)】と回答した人がほぼ30%、
さらに回答者の半分が風神録以降の方々であるという結果になっています。
これは陰陽師やごっすんがニコ動上でヒットし認知を高めた2007年の中盤に始まり、
オーエンやスキマツアーなどで東方ジャンル全般が浸透していく2008年前半を経て
風神録が頒布されるに至る時期とぴったり合致するわけなんですけども、
仮に東方を「国」とたとえるなら、その期間以降に入ってきた人たちが
今の国民のほぼ半数を占めているわけで
普通1年で国民が2倍になる国なんてないですよね。
あるわけないですよ

それは思うに「現象」であったはずなので、
特に意思を持ってそれを遂行した主体は存在しなかろうとは考えるんですが、
仮にそういった主体を仮定して、その時期の急激な拡大は
それによる何によるものと喩えうるのかなと。
肯定的なものなのか否定的なものなのか、切り口はいくつもあるでしょうが
例えば「戦争」?「侵略」?
それとも「解放」?
誰が誰に対して何を解放したのかは知りませんが
とにかく国民が2倍になるようなすごい派手な出来事があったことは
想像に難くない。


あらゆる自然現象が「神様の奇跡」などとして説明された過去の世の中においては
そんな特定の神様の所業が支持されたり非難されたりして
正なり負なりの描像が作られていくんだろうと、僕はそんな風に思いを馳せます。
もちろん解釈ですからその描像に正当不当を論じるのは別の話題ですが
そんな神様の意思がその先にどういう未来を作ったかというのが、
国民たる人々の今であると。

王たる侵略神、まあ神様にもいろいろあったんでしょうが
凋落と繁栄を繰り返して今はどこに、そして次はどこにいくのか、
みたいな。
スポンサーサイト
2010.11.18 06:09 | 日記 | comment[0] trackback[0] TOP↑
↓comment
 管理者にだけ表示を許可する
↓trackback
trackback_url
http://7let.blog77.fc2.com/tb.php/67-1644469a
OTAELI JUKE
-->

七条レタス

OTAKU-ELITE Recordingsの
D.watt/七条レタスが
アップトゥデイトな
インフォメーションを
ブロードキャストする
画期的なウェブサービスです。

いまはいってる曲
はじめてのおつかい

宇宙におつかいに行って7年がかりで帰ってきたできる子の歌。 詳しくはこちらのエントリーで http://7let.blog77.fc2.com/blog-entry-59.html

直近のwattchan

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。