スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |   TOP↑
世界を描くための覚書 その7
日本の天皇陛下は世界でも位の高い人ランクいくつかに入るという話ですが
東方の世界にも何人か位の高い人がいますね。
中でも月のお姫様という人がいるんですが、高度な文明をもつ月の王族なんでしょうから
これはきっとすごいことに違いがありません。

しかしながらこれが界隈ではろくな描かれ方をしませんで
竹林のお屋敷に引きこもってゲームをしたりマンガを読んだりとか
まあ親しみやすいキャラに描かれることがとりわけ多いですが・・
何しろ罪を犯して不浄の大地に落とされた身分のはずが
釈放ですよ!と迎えに来た同胞を皆殺しにし、
そのまま牢獄たる地上でゲームやマンガ三昧なわけですから
とんだイレギュラーなことには間違いがありません。


そんなに地球がいいのか、それとも月がいやなのかはわかりませんけども
そのお姫様にもわずかに共感できるところがあるかな・・と思うのがつまり
「幻想郷にいることを選んだこと」

原典である「かぐや姫」もそうですが、地上に深い愛着をもち
離れがたい思いであったことは信じてあげたく思うわけです。
もちろんその為に失ったものや捻じ曲げてしまったもの、たくさんあって
彼女に因縁を持つ人間もその中で暮らしていかざるを得ないんですけども、
罪が許されることを放棄して、永遠という時間を贖罪に費やすことを選ぶ程度に
彼女は幻想郷を愛してるんだろう、と。

同じようにさる「世界」に愛情を注ぎ、その中で暮らすことを選んだものとして
まあもこたんには悪いんですが、そこには美しさを感じずにはいられません。



OERは1年半にわたってひとつの物語に考えを巡らせていました。
もちろん最初から今まで同じ結論をずっと抱いていたわけではありませんが
ここに至って最後に形にしようとしたのは
そんな「東方の最も美しいもの」なのかなと思い始めています。それはつまり

生まれ、生き、生を終える
幻想郷で生きる人間を描く、というのがこのタロットの役目だったんだろうと
僕は今結論づけようと思ってます。
それはゲームに出てああだこうだやる人たちだけじゃなくて
東方という「世界」に出会って、そこで仲間を作ったり
時にそのキャラがゲーム画面の外でやっているのと同じように酒を飲んだり
世界の外へ出る日が来ても、もしかしたらずっと仲良くできるかもしれない
そんな全ての人間達のこと。



貴女が生きる、この世界

例大祭の新作がもうそろそろできそうです。
スポンサーサイト
2011.03.06 02:18 | 日記 | comment[0] trackback[0] TOP↑
↓comment
 管理者にだけ表示を許可する
↓trackback
trackback_url
http://7let.blog77.fc2.com/tb.php/79-92299598
OTAELI JUKE
-->

七条レタス

OTAKU-ELITE Recordingsの
D.watt/七条レタスが
アップトゥデイトな
インフォメーションを
ブロードキャストする
画期的なウェブサービスです。

いまはいってる曲
はじめてのおつかい

宇宙におつかいに行って7年がかりで帰ってきたできる子の歌。 詳しくはこちらのエントリーで http://7let.blog77.fc2.com/blog-entry-59.html

直近のwattchan

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。