スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |   TOP↑
ツアーの主催者って「ツーリスト」ですかね
東方アレンジとかやっておりますと
まあニコニコとの距離感みたいなのを多少なり意識するわけなんですが、
最近は「ツアー」なんていうのがあるものですから
割とそこで初めて聞く曲なんていうのも多くてですよ。
自分の曲の後ろにある曲などは特に覚えてますしね

スキマツアーなどは大変な再生数を叩き出したものでして、
いろいろと当時とは事情が違うので比較は難しいですが
経験的には単体で上がるものよりツアーに組み込まれていた方が
再生数が上がりやすいのを感じますし、
となればより多くの人が聞いてくれているのは間違いないので
非常に嬉しいわけです。


ツアーもスクリプトの知識だったり画像選びの手間だったり動画の工夫だったり
ハードルやよく見せたり聞かせる為の努力みたいのがあると思っていてですね
そういう手間を惜しまない人たちが、昔のラジオやクラブシーンのDJみたいに
規模の大小はあれど、その界隈で流行を発信する役割を担っていると
みたいなイメージでいます。あちきら的には

そんな人たちを特に指す言葉がなかったものだから
こんどから「ツーリスト」と呼ぶことにしようと思う。
JTB?みたいな。
2009.06.02 13:55 | 製作一般 | comment[0] trackback[0] TOP↑
色の語彙いろいろ
歌詞書く時のこだわりとして
れたぽんさんは色の日本語表現を常々大事に思ってて
特にオタエリ東方はタイトルが2色を想起させる形にしてるので
歌詞の色彩感覚はポイントだなあと。
色の名前なんてのは非常に興味をそそりますよね

で、ふと日本の古語は色の表現がたくさんあるはずだよなあ
とか思って試しにぐぐってみたらこれですよ

日本の伝統色 和色大辞典
http://www.colordic.org/w/


ぐっとくる名前もいろいろある一方で
どう見てもただの黒なのに「黒紅」とか
「神獣の名の下に」の冒頭の「紺碧」が思ったより明るい色だったり
いろいろと面白いことがあるようです。

色を作るということの自由度が増したのはきっと
化学や物理が進歩したここ何百年のことであろうと推測するんですが、
自然現象だったり植物の名前がついてたりする多くの色に対し
同じページには「メトロカラー(地下鉄のイメージカラー)」なんてのもあって
ちょっと興味をそそりますね
「丸の内線レッド」「千代田線グリーン」とか「浅草線ローズ」とか言われると
気の利いた戦隊ものかよ、みたいな。

一方洋色のページには「レタスグリーン」ていうのもあったんですけど
なんかイマイチだった。
2009.05.23 13:32 | 製作一般 | comment[1] trackback[0] TOP↑
オタエリはじめたし
オタエリ東方3の歌詞書き始めたです。
今回はタイトル曲の咲夜からスタートになったんですけど
今しがたできました。

P&Cで割と具体的なシチュエーションをイメージしたり
R&Aで明確に主体のある一人称的歌詞にしたりと
オタエリの歌詞はそれなりにテーマを持って取り組んでるんですが、
今回はより抽象的な表現を用いてみようと思い
いろいろやてみたよ。
まあレコーディングすると結構かわるから直前まで確定しないんですけど。

タイトルとかはまだ教えませんよ!
東方島うかればいいなと切に思う今日この頃。
2009.05.21 15:23 | 製作一般 | comment[0] trackback[0] TOP↑
OTAELI JUKE
-->

七条レタス

OTAKU-ELITE Recordingsの
D.watt/七条レタスが
アップトゥデイトな
インフォメーションを
ブロードキャストする
画期的なウェブサービスです。

いまはいってる曲
はじめてのおつかい

宇宙におつかいに行って7年がかりで帰ってきたできる子の歌。 詳しくはこちらのエントリーで http://7let.blog77.fc2.com/blog-entry-59.html

直近のwattchan

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。